2019-08-04
カテゴリトップ > DTM > ギターレコーディング > ロードボックス
Two Notes
Torpedo Studio

パワーアップした Torpedo スピーカー・シミュレーター 最上位機種の Torpedo Studio 誕生

本機は、世界初のデジタル・ロードボックスVB-101の後継機種です。大き な進化ポイントは、ロードボックスのタイプが、レジスティブかリアクティ ブ、どちらかを選べるようになったところ。リアクティブは自然なサウンド、 レジスティブは暖かみのあるサウンドです。他にも、インピーダンスの切替 (4Ω|8Ω|16Ω)も可能になり、平衡ライン入力のXLR端子が2つになりコ ンボタイプになる等、更にプロフェッショナルな仕様になっています。奥行 は230mmで重量は4kgと更にコンパクトになりました。

本機は、スピーカー(50種)、マイクの種類(8種)や位置等、マイキング関 する様々な設定をとても正確に行えます。パラメーターも多く、キャビネッ トの周波数特性や歪みを再現できるので、ギターやベース・トラックをリア ルなサウンドで録音できます。他にも、IRの使用、信号の位相等、レコーディン グに必要な様々な機能があります。

デュアルモノ|ステレオ・マイキング

2台のキャビネット+2本のマイクをミックスできます。異なる2本のマ イクをスピーカーの前に設置したり、異なる2台のスピーカーを使えます。2 つのシミュレーションをミックスしてステレオ出力できます。

ポスト・エフェクト部

PAやレコーダーに送る前に、搭載するエフェクトを掛けることができま す。シンプルで効果的なEQ、1バンド・エキサイター、スタジオ品質のコンプ レッサーを搭載しています。

パワーアンプ・シミュレート

本機にはプリアンプを繋げられます。こ の 場 合 は、搭 載 す る 真 空 管 パワーアンプのシミュレーション(8種)が役立ちます。アンプの構成と真空管 の種類を選べます。

スタジオ品質のサウンド

アナログとデジタル、2つの優れた回路で最高のシミュレーションを行います。全体の信号の経路を重要視し、アンプ or プリアンプから、PA|モニター|ヘッドホン|レコーダーに確実に信号を送ります。これにより、プレイヤーはスタジオ品質のサウンドを扱えます。以前のモデルと較べてもS/N比が向上し、ノイズが減り、クロストークが少なくなり、プレイの完全なるダイナミクスを確保します。

リマイキング

スタジオでは、一旦ドライ音を録音しておいて、ミックス時にサウンドを処理をするということが行われています(我々はリマイキングと呼んでいます)。本機ならばこれも気軽に行えます。DAWに録音する時、ドライ音とシミュレートした音の両方を同時に録ることも簡単です。

スペック

寸法:483 × 230 × 88 mm
重量:4 kg


世界初のデジタル・ロードボックスVB-101の後継機種
価格
192,500円 (税込 207,900 円) 送料無料
2〜3営業日以内に発送予定
注文数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便