2019-10-01

【すぐに使える10%OFFクーポン配布中】坂本龍馬 愛用拳銃【送料無料】
坂本龍馬愛用の拳銃を忠実に再現!
高杉晋作が寄贈したと云われる、スミス&ウエッソン社製のモデル2アーミー!

坂本龍馬愛用の拳銃を忠実に再現!
高杉晋作が寄贈したと云われる、スミス&ウエッソン社製のモデル2アーミー!

坂本龍馬愛用の拳銃を忠実に再現!高杉晋作が寄贈したと云われる、スミス&ウエッソン社製のモデル2アーミー!
坂本龍馬愛用の拳銃を忠実に再現!高杉晋作が寄贈したと云われる、スミス&ウエッソン社製のモデル2アーミー!
坂本龍馬 愛用拳銃
坂本龍馬 愛用拳銃
【仕様】
材質:ABS樹脂、木製、真鍮、鉄(ヘヴィウエイト仕上)
重量:約375g
ダミーカートリッジ6個、掛台セット
生産地:日本
※シリンダー等は動きますが観賞用となります。(BB弾等は発射しない構造です。)
今回は「坂本龍馬 愛用拳銃」のご紹介です。
高杉晋作が寄贈したと言われる坂本龍馬愛用拳銃、スミス&ウエッソン社製の モデル2アーミーの拳銃を忠実に再現しました。
この拳銃は後に寺田屋騒動で龍馬が発砲し、危機一髪難を逃れたとされる拳銃です。 外観と手触りはもちろん、撃鉄を起こすと弾倉が回り引き金が引ける操作性まで再現しました。
幕末の維新黎明期を生きた不世出の革命の志士、坂本龍馬がいなければ、 日本の歴史は変わっていたに違いないとさえ言われています。
伏見寺田屋事件
慶応2年1月22日、薩長連合の密約を成立させた龍馬は、翌日密かに京都伏見の旅館「寺田屋」に投宿。しかしその日の深夜、薩長の不審な動きを察知し た伏見奉行所の捕吏の襲撃を受ける。侵入者に気づいた妻のお龍が急を知らせたため、 龍馬は大小と拳銃をとり応戦し、手指に傷を負いながらも九死に一生を得た。そのと きに龍馬が使った拳銃は、高杉晋作から贈られたスミス&ウエッソン社製の32口径6連 発レボルバーと考証されている。
*事件当時、龍馬は6連発の弾倉に5発込めて所持していました。5発の銃弾の最後の一発で刺客を仕留めたとのことです。



坂本龍馬愛用の拳銃を忠実に再現!
高杉晋作が寄贈したと云われる、スミス&ウエッソン社製のモデル2アーミー!
価格
43,800円 (税込47,304 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お届け時間のご希望  
3〜7営業日
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く