2019-10-03
カテゴリトップ>鉄瓶
【送料無料】銀瓶 純銀製
 【秀光作 純銀製 銀瓶 鳳凰】
鉄瓶 茶器・茶道具 伝統工芸品
tetubin 瓶 Silver kettle
 

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

南部鉄瓶

略歴

略歴金銀工芸家 田村 秀義 号 秀光
1938年 長野県生まれ
1954年 片山雪男氏に師事
1963年 田村銀器工芸として独立
1965年 株式会社 タムラ設立
1969年 宮内庁銀食器受注製作
1976年 宮内庁銀宝石箱受注製作(テーマ 正創院のあぜくら)
1985年 厚生大臣功労章受注製作
1989年 東京美術銀器工業協同組合理事
1990年 第14回東京銀器コンクールで伝統的工芸品産業振興協会会長賞受賞
1991年 東京銀器工芸展出品
1992年 熊本県全日本工芸展出品
1994年 東京美術銀器協同組合金・銀創作展出品
1996年 ヨーロッパ銀器視察団参加
1997年 荒川マイスターとして区長より表彰される
1998年 東京金銀器工業協同組合常務理事
2009年 東京都より東京マイスターに認定される
2010年 初代秀光 (父秀義) 死去
現在   長男弘樹が1993年から株式会社タムラに就職し、父秀義の技能を2代目秀光として継承している

銀製品のお手入れについて

●食器スプーンなどの銀製品は長い間ご使用になりませんと変色いたします。平常ご使用になりお手入れされますと常に新品と同様な状態を保つことができます。
●銀杯、菓子器などは表面が曇ることがあります。黒くなりましたら乾いた軟らかな布で吹き込みますと変色いたしません。
●色のついた模様・鍍金した製品は特にきれいな布で空拭きするか、歯磨粉をごく少量まぶした布でお磨きください。
●軽く変色した銀製品は下記の要領でお磨き下さい。
A/お湯に浸した軟らかな布に重曹をつけ、変色面を軽くお磨きください。
B/次に水で重曹を洗い落した後乾いた布で水分をじゅうぶんに拭き去っていただきます。
C/乾燥させた後、3の要領で磨き上げますと光沢がでてまいります。
D/布の届かない隅の部分や入り込んだ模様はお湯に浸した上質な歯刷子に重曹をつけて摩擦すると曇りを取ることができます。
●銀製品は直接お持ちになったりお手に触れたりいたしますとその部分が変色しますから、必ず指紋を布で拭き取ってください。
●市販されている銀磨きでは銀製品にはウイノール、銀鍍金製品にはグラスター等液体。

商品内容

製 造 地 日 本
図 柄 純銀製 銀瓶 4寸 鳳凰
容 量 0.6L
重 量 500g
大きさ H16.5cm x W13.5cm
素材 純銀
付属品 桐箱付き/写真付き説明書

注文時のご注意!!

※お急ぎの場合は、当店の方に在庫状況をご確認いただきますようお願い致します。
※画像と実際の商品とで、色が若干異なる場合がございますのでご了承くださいませ。


金銀工芸家 秀光作 茶器/茶道具 湯沸し 銀瓶/瓶/Silver kettle 

価格
850,000円 (税込918,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜3日以内に発送(休業日を除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く